千葉市美浜区のインプラントは上野歯科医院へ
HOME>Dental Blog
予防 /  虫歯 /  歯周病 /  ブラキシズム /  知覚過敏 /  顎関節症 /  審美 /  その他 /  健康 / 

Dental Blog

歯を離し あごを守る

これまでは、かみ合わせの悪さが原因と考えられてきた。
しかし、歯科医療が進歩した現代の方が、昔に比べて患者が多いことから、
「むしろ、あごに負担のかかるような生活習慣が影響しているのでは」と、東京医科歯科大学の木野准教授は見る。
木野准教授によると、本来、上下の歯が接触するのは、食事や会話の間くらいで、1日に合計20分にも満たないが、顎関節症患者の約8割に上下の歯を付け続ける癖が見られる。
歯を軽く触れ合わせるだけでも、あごの筋肉が緊張するため、長時間続くと負担になる。

癖を直すには、「歯を離す」などと書いた紙を職場や自宅のあちこちに張り、目にする度に歯を離すようにするとよい。
多くの場合、1,2ヶ月ほど続ければ、症状が改善するという。

歯ぎしりや食べ物を片側の歯だけでかむ、ほおづえをつく、といった癖も、顎関節症を悪化させる可能性がある。
「あごを鍛えるには、硬いものをかむとよい」とも言われるが、顎関節症の人の場合、あごに過度の力を込めるのは厳禁。ガムなどを長時間かみ続けるのも避けたい。





千葉市美浜区のインプラントなら上野歯科医院へ

インプラントの治療費はこちら


インプラントの流れはこちら


インプラントのQ&Aはこちら


投稿者 医療法人社団 上野歯科医院 (09:10) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :